お手紙

お手紙ありがとうございます!

早速読ませて頂きました。


沢山、励みになるお言葉を頂けて嬉しいです。

9話も楽しんで頂けたようで良かったです^^


そして何より槙原と大河を愛して頂けていることが文面から伝わって嬉しさでニヤニヤが止まりませんでした。

初登場の大河パパの陽キャラっぷりにも笑って頂けたようで。

頑張って描いた甲斐があります。


すぐにでもお返事させて頂きたいのですが、暫くは諸々準備と作業が立て込んでいるのでやや遅くなるかもしれません。

落ち着きましたら合間を縫って必ず返信させて頂きますので、気長にお待ち頂けたら有難いです。


最近はコロナウイルスのこともあるので、用心してお過ごしくださいね。


コロナビールは美味いんですけどね。

関係ないですけど。

最近はボンベイ・サファイアにハマってます。

冷凍庫でチンチn…キンキンに冷やしてシンプルにジントニック。

普通にハイボールもいいんですけどね。

最近はグレンフィディックに落ち着いてるんですけど。

安くて美味いは正義ですから。

話題になっていた檸檬堂の鬼レモンも好きです。

アルコール9%って嬉しいです。中々酔わないけど。

ちなみに私は酔うとケツの話しかしなくなるのですが、周囲のゴミを見るような目が嬉しくてたまりません。

隙あらば自分語り。

寝ます。おやすみなさい。

最新記事

すべて表示

ひとりごち

大河は、芸術家になりきれないレベルの芸術家気質を持った理論屋なんですよね。自分の人生の背骨に対して舌っ足らずなんです。 自分の中の矛盾にわかりやすく苦しむのが大河で、一方その苦しみを甘受しているのが京也です。 一見京也のほうが格好いいと感じるかもしれませんが、現実的には教師という道を選んでいる大河のほうが数百倍まともで実際に社会的ポジションも獲得しています。 社会に居場所があるということは、それな