ひとりごち

和月先生の線画テクニック、簡単そうに見えて難しい。

一歩間違うと「雑な線」になりかねない。


17話目から取り入れていきます。