ひとりごち

和月先生の線画テクニック、簡単そうに見えて難しい。

一歩間違うと「雑な線」になりかねない。


17話目から取り入れていきます。





最新記事

すべて表示

ひとりごち

読者さんは勿論のこと、裏で奔走してくれた営業さんや拙作を展開してくれた書店さん等、関係者さんのお力添えあってこそ。私の力じゃない。倦まず弛まず、そして驕らず、今後もお●んちん描いてまいります。