ひとりごち

和月先生の線画テクニック、簡単そうに見えて難しい。

一歩間違うと「雑な線」になりかねない。


17話目から取り入れていきます。





最新記事

すべて表示

『ぼくらは地獄で恋を描く』ネーム中。由季が抱えている「漫画家としてのコンプレックス」を作中で抉れば抉るほど、描いているこっちまで同様のダメージを受ける。セルフSMプレイかよ。超疲れた。