ひとりごち

野田サトル先生への尊敬が止まらない。画力・ストーリー・キャラ・シリアスとギャグのバランス、どれをとっても全て神がかっていてしんどい。最近、原稿の合間に金カム読み直して泣いてる。

最新記事

すべて表示

ひとりごち

読者さんは勿論のこと、裏で奔走してくれた営業さんや拙作を展開してくれた書店さん等、関係者さんのお力添えあってこそ。私の力じゃない。倦まず弛まず、そして驕らず、今後もお●んちん描いてまいります。