ひとりごち

野田サトル先生への尊敬が止まらない。画力・ストーリー・キャラ・シリアスとギャグのバランス、どれをとっても全て神がかっていてしんどい。最近、原稿の合間に金カム読み直して泣いてる。

最新記事

すべて表示

『ぼくらは地獄で恋を描く』ネーム中。由季が抱えている「漫画家としてのコンプレックス」を作中で抉れば抉るほど、描いているこっちまで同様のダメージを受ける。セルフSMプレイかよ。超疲れた。